​技術紹介

NOVIGO Pharmaのテクノロジー

当社では、注射投与や経口投与で問題となっている患者様への負担を減らすため、皮膚から薬を吸収させることで簡便に投与が可能な「次世代経皮投与技術」の開発を目指しています。しかし、皮膚には外来物質(細菌やウイルスなど)の侵入を防ぐバリア機能が備わっているため、単に薬を皮膚に塗るだけでは、十分な薬効を得ることができません。そこで当社では、九州大学附属次世代経皮吸収センターで開発された「Solid-in-Oil(S/O)化技術」を基盤とし、あらゆる薬に応用可能な経皮吸収プラットフォーム技術の創成を目指しています。

Solid-in-Oil(S/O)化技術

S/O化技術とは、親水性の薬を界面活性剤で被覆し、数十〜数百ナノメートルの超微小粒子として油中へ分散させる手法を指します。皮膚のバリア機能は角層と呼ばれる親油性の膜によって形成されているため、油に分散した薬は効率的に皮膚内部へと吸収されます。S/O技術はペプチドやタンパク質といった分子サイズが大きい薬にも適用可能であり、幅広い種類の薬の経皮吸収を促進できることが最大の特徴です。当社ではS/O化技術にさらなる改良を加え、そのパフォーマンスを向上させるとともに、より患者様が使いやすい医薬品の提供を目指した研究開発を進めています。

ウイルス研究
スクリーンショット 2021-04-10 19.17.02.png