top of page

研究・開発体制

福岡市産学連携交流センターの研究施設

当社が構える福岡市産学連携交流センターの研究施設では、次世代経皮技術の応用研究や大学・企業様との共同開発を日々取り組んでおります。
当施設は九州大学のすぐ近くに位置しており、産学官を通した連携を推進しております。

特に弊社技術の強みを生かし、最大限、研究機関・企業様のニーズにお応えできるようご提案させていただいております。

C3C11B0F-5465-4308-A288-A86A087E6B98_1_1

経皮領域での使用を検討されている医療品・化粧品

投与経路によってQOLが著しく下がるような医薬品

細胞の中を標的とする高分子薬剤の送達

経副作用や毒性が課題の医薬品

​※既に弊社技術は化粧品へ応用され販売された実績もございますので、

 お気軽にご相談ください

九州大学との連携

当社は九州大学発ベンチャーとして起業し、
DDS(ドラッグデリバリーシステム)領域の権威である
同大学の後藤雅宏教授が発明した技術を基盤としております。
バリア機能に着目した「理想的なDDS技術」の実現を目標に、基礎研究開発や新しい治療領域への挑戦を日々行っており、九州大学から弊社を通して新たな知の想像と応用研究への展開を目指しております。

2014680_l.jpg
bottom of page